本文へ移動

会社概要

会社概要

会社名
権田金属工業株式会社
住所
〒252-0212 神奈川県相模原市中央区宮下1丁目1番16号
TEL /FAX
042-700-0220 / 042-700-0660
設立
1944年11月(創業:1918年10月)
代表者
代表取締役社長 権田 源太郎
資本金
60,000,000円
事業内容
銅ブスバー、銅・黄銅丸棒、メッキ用銅アノード、型打鍛造品、銅・アルミニウム・ステンレスリング、銅コイル材、マグネシウム合金薄板(AZ61) の製造・販売、不動産賃貸
従業員数
80名
主要取引先
パンパシフィック・カッパー、豊田通商、東芝、三菱電機、ニコン、白銅、佐藤金属、その他ユーザー・伸銅品問屋200社
グループ企業
権田運輸株式会社・・・・・当社製品の運送、ゴルフ練習場の運営
相模金属株式会社・・・・・当社使用原材料納入問屋
横浜伸銅株式会社・・・・・伸銅品販売

会社沿革

1918年(大正7年) 10月(創業)
横浜市西区において
初代社長権田藤三郎により権田伸銅所創業
黄銅棒製造開始
1944年(昭和19年) 11月(設立)
株式会社権田伸銅所を設立
1947年(昭和22年) 1月
権田金属工業株式会社に社名変更
1950年(昭和25年) 9月
二代目社長として権田忠志就任
1953年(昭和28年)
銅丸棒製造開始
1960年(昭和35年) 1月
相模原市の現在地に溶解・圧延工場を移転
1963年(昭和38年) 5月
本社及び製品工場を移設、同所を本社工場とする。 本社・工場/神奈川県相模原市宮下1丁目1号16番
(敷地10,000坪/横浜市西区の跡地には6,600坪の貸しビルを建設。現在のテナントは株式会社ダイエー)
1982年(昭和57年) 9月
社業拡張のため、鍛圧、加工工場を建設
1983年(昭和58年) 11月
三代目社長として権田源太郎就任(現社長)
1987年(昭和62年) 3月
圧延工場近代化のため新圧延工場を建設
コンピュータ制御による圧延機を設置
1989年(平成元年)
アルミニウムリング量産開始
1991年(平成3年) 4月
JIS表示許可取得(銅ブスバー・銅棒・快削黄銅棒)
許可番号391007
1997年(平成9年) 4月
本社隣接地にゴルフ練習場ボールパーク開設
1999年(平成11年) 8月
ISO9002認証取得 登録番号0467
2001年(平成13年)
ステンレスリング量産開始
2002年(平成14年) 8月
ISO9001 2000年度版に移行・更新
(伸銅製品及びアルミニウム製品の設計・開発及び製造)
ローターバー量産開始
2003年(平成15年) 12月
「マグネシウム系金属薄板の製造方法および製造装置」特許取得
特許第3503898
2007年(平成19年) 3月
マグネシウム合金薄板量産工場完成
2008年(平成20年) 1月
 
新JIS認証取得(銅ブスバー・銅棒・快削黄銅棒)
認証番号QA0307044
2008年(平成20年) 6月
経済産業省・中小企業庁が選ぶ「元気なモノ作り中小企業300社」に選定され、経済産業大臣表彰を受けました。これは、産業用モーターや車両用モーターに使われる高性能な銅リングの製造(国内シェア60%以上)と、マグネシウム合金AZ61薄板の量産開発の2点が高く評価されたことによります。
http://gondametal.jp/files/libs/184/201807201123382041.png
2011年(平成23年) 1月
隣地1,500坪(土地、建物)買収第二工場とする。
2013年(平成25年) 6月
第二工場事務所棟に本社事務所移転(総務、営業部門)
2018年(平成30年)10月
創業100周年を迎えた。
TOPへ戻る