本文へ移動
おかげ様で
創業100周年を迎える事ができました。
伸銅品素材から緻密な加工品まで
一貫生産の非鉄金属メーカー

新着情報とお知らせ

第46回銅センター賞を受賞しました
2019-06-03
2019年5月30日に発表された日本銅センター賞を当社が受賞致しました。
日本銅センター賞は、銅の需要開発、普及増進に多大の貢献をされた方々に対してその優れた業績をたたえる制度として昭和49年度(1974年度)に設けられました。
今回は第46回を迎え、当社と株式会社ダイヘン様の2社が受賞しました。
当社の受賞理由は『モーター用エンドリングの製造・販売により銅の需要促進に貢献』です。
エンドリングは主に鉄道用と産業用モーターに使用されています。モーターは高速で回転する為、構成する部品の規格は大変厳しく、非常に高い品質や納期の精度を求められます。当社ではこれらのご要求にお応えしながら30年以上に渡り納品を続けて参りました。
日本の鉄道の海外での評価は非常に高く、海外輸出案件も増えており、当社のエンドリングもこれらの案件にも採用されています。
産業用では、鉄鋼メーカーの圧延機やベルトコンベアのモーターに使用されており、大きいモーター向けには外径が1500φのリングを納品する事もあります。
 
当日は経済産業省・製造産業局のご担当者様、日本銅センター会長を始めとする関係者がお集まりの中、盛大な表彰式が行なわれました。
表彰式では日本銅センター会長から賞状・副賞とブロンズ像の賞碑を当社代表取締役社長 権田源太郎が受け取りました。
今回の受賞を励みとして、より一層の技術の向上に努め、産業界の発展のお役に立つ企業であり続けたいと思います。
 
経済産業省・審議官並びに日本銅センター役員の皆様と受賞者(前列右から2番目が当社社長)
日本銅センター会長と当社社長(向かって右側)
鉄道用溝付エンドリング
TOPへ戻る